Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カネボウ子会社、事務所荒らしで個人情報入りパソコンを紛失

カネボウは、同社子会社であるカネボウ興産が運営するフィットネスクラブの事務所において盗難被害が発生し、個人情報が記録されたパソコンや現金が盗まれたと発表した。

同社によれば、フィットネスプラザ・シギノの事務所において7月4日から5日にかけて何者かが侵入、パソコン1台と現金が盗まれたという。パソコンには、氏名、生年月日、住所、電話番号、性別、学歴など、同フィットネスクラブ顧客の個人情報83件が記録されていた。パスワードは設定されていたという。

被害が発覚した後、フィットネスクラブでは警察へ被害届を提出、該当する顧客へ電話で状況説明を行い、謝罪したという。また、カネボウ興産社長名で状況説明を添えて、謝罪状を送付したという。

今回の事件を受け、カネボウグループにおいても、グループ全体で管理強化を実施すると発表している。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート