Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カネボウ子会社、事務所荒らしで個人情報入りパソコンを紛失

カネボウは、同社子会社であるカネボウ興産が運営するフィットネスクラブの事務所において盗難被害が発生し、個人情報が記録されたパソコンや現金が盗まれたと発表した。

同社によれば、フィットネスプラザ・シギノの事務所において7月4日から5日にかけて何者かが侵入、パソコン1台と現金が盗まれたという。パソコンには、氏名、生年月日、住所、電話番号、性別、学歴など、同フィットネスクラブ顧客の個人情報83件が記録されていた。パスワードは設定されていたという。

被害が発覚した後、フィットネスクラブでは警察へ被害届を提出、該当する顧客へ電話で状況説明を行い、謝罪したという。また、カネボウ興産社長名で状況説明を添えて、謝罪状を送付したという。

今回の事件を受け、カネボウグループにおいても、グループ全体で管理強化を実施すると発表している。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催