Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2005年度上半期のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、2005年度上半期のウイルス感染被害レポートを発表した。上半期は、BOT系プログラムなど、不正プログラムの悪質化の傾向が強まったという。

同レポートは、2005年1月1日から6月30日までの間に、国内の同社サポートセンターに寄せられた問い合わせをもとにデータをまとめ、上半期のウイルス状況を総括したもの。

同レポートによれば、2005年上半期の国内におけるウイルス感染被害報告数は1万6197件と、昨年上半期の3万6039件に比べ半減しているものの、BOT系プログラムに代表されるように、不正プログラムの活動自体は、パソコン内の情報の盗難や遠隔からのコントロールなど、悪質化の傾向が強まった。

P2Pファイル共有ソフト「Winny」を悪用する不正プログラムの亜種が登場し、これらに感染した際に「Winny」を経由して重要な情報が流出する事件も発生した。また、亜種の増加は今期に目立った現象で、特に「WORM_MYTOB」は、毎月数十種類の亜種が登場し、北米や欧州を中心に流行したものの、国内では余り拡散しなかった。

さらに今期の特徴として、日本をターゲットにした攻撃の増加が挙げられる。日本の金融機関を装ったフィッシング詐欺や、日本企業のサイトへの不正アクセスなどが次々と発生した。このように、これまで攻撃者は不特定多数を標的とした愉快犯が多かったが、最近は対象や目的を特定した攻撃が増えているという。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀