Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国電力、クレジットカード申込書10枚を紛失

中国電力は、広島カスタマーセンターにおいて、顧客情報が記載されたクレジットカード申込書10枚の紛失が判明したと発表した。

同社によれば、紛失したのは電気料金のクレジットカード支払い申込書10枚。6月10日に利用者から手続きが完了していないとの問い合わせを受け調査したところ、紛失が明らかになった。同申込書には、カード契約者の氏名、電話番号、カード番号などが記載されていた。

紛失判明後センター内を捜索したが、7月8日時点では発見されていない。同社では、不要文書とともに誤って廃棄処理した可能性が高いとしている。被害に遭った顧客に対しては、個別に事実説明と謝罪をした。また再発防止策として、顧客情報を管理する際、「工程管理票」を作成して申込書の個別管理を徹底するほか、文書廃棄の際のチェック作業を強化するとしている。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市