Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレディア、顧客情報漏洩を受けて公募増資を中止

クレディアは、同社の顧客情報1万3000件について漏洩の可能性があると発表した。

同社によれば、1996年から1998年までの間に千葉支店において契約に至らなかった顧客の個人情報が漏洩している可能性があるという。本来破棄されているべき情報だったが、同社の元へFAXにより写し2件が送付されたことを受け、調査を行ったところ、破棄の状況が不明であると判明した。

漏洩のおそれがある顧客情報は1万3000件程度。一部報道によれば、氏名や住所、勤務先をはじめ、融資に関する情報も記録されていたという。同社では、社内ルールの徹底と情報管理体制の強化に取り組みたいとしている。

同社では、6月26日に取締役会において新株発行や自己株式の売り出しを発表していたが、今回の漏洩を受けて幹事会社と協議した上で中止とした。それを受け、需給悪化を懸念していた市場は今回の公募中止を好感、前日比+130で7日の取引を終えている。

(Security NEXT - 2005/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ