Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪信金、57万件の顧客情報が記録されたCD-ROMを紛失

大阪信用金庫は、個人情報の保管状況を一斉点検した結果、57万件の顧客情報が記録されたCD-ROM13枚の紛失が判明したと発表した。

同信金によれば、紛失したCD-ROMは旧泉陽信用金庫分8枚、旧泉州信用金庫分1枚、旧相互信用金庫分4枚で、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、取引履歴などの個人情報が記録されていた。

同信金の調査によれば、合併や譲受前の旧南大阪信用金庫と旧相互信用金庫において、誤って廃棄した可能性が高いという。また、全てのCD-ROMに、パスワードとデータの暗号化によるセキュリティ対策が施されていた。同信金では今後、再発の防止と個人情報の適正な管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性