Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、6月のトップ10ウイルスを発表 - 「Mytob」の亜種がまん延

ソフォスは、2005年6月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、6月はワーム「Mytob」の亜種が多く出回った。その結果7種がトップ10入りし、報告数全体の40%を占めた。1位の「W32/Mytob-BE」はメールによって拡散し、感染したコンピュータへの、外部からの不正なアクセスを許すバックドアを開くなど被害が発生。さらに、セキュリティ関連のサイトへのアクセスを遮断するため、ユーザーが駆除情報を入手することを困難になるという。

同社では、6月に1434種類の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、6月に使用されたメールのうち2.3%がウイルスメールで、これは先月に比べて減少しているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Mytob-BE
W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Mytob-EP
W32/Mytob-CM
W32/Mytob-CN
W32/Mytob-AT
W32/Zafi-D
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CJ

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止