Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大日本印刷、ICカードとICタグによる重要文書管理システムを開発

大日本印刷は、文書ファイルに貼付されたICタグラベルと社員が所持するICカードを使って、企業内の重要文書を管理するシステムを開発した。2005年12月より発売開始の予定。

同システムは、銀行、カード会社、保険会社といった金融関係企業や、多くの顧客データを持つ流通、メーカー企業向けの文書管理システム。重要文書が保管された部屋に、ICカード用ゲートシステムとICタグ用ゲートシステムを設置して、ICカードを所持する社員のみ入室できるようにする。

また、重要文書ファイルにはすべてICタグラベルを貼付し、部屋から外に持ち出す際は、室内に設置されたパネル型ICタグリーダに文書ファイルを乗せ、ICカード用リーダにカードをかざす。これにより、誰がどのファイルを持ち出したかを記録するとともに、不正持ち出しを防止する。システム価格は、最小構成で1200万円から。

(Security NEXT - 2005/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社