Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなグループ4行で約30万件の個人情報を紛失

りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、奈良銀行のりそなグループ4行において個人情報を記録したマイクロフィルムを紛失していたことが明らかとなった。

今回紛失が明らかとなったのは、コムフィッシュという内部向けマイクロフィルム。りそな銀行では、28店で扱う約10万名分、埼玉りそな銀行では、23店で約9万5000名分、近畿大阪銀行では52店で約9万2000名分、奈良銀行では1店にて174名分の顧客情報。同情報には、氏名や口座番号、口座残高のか、一部では住所や電話番号、申込書など個人情報が含まれていたという。

4行いずれも誤って破棄した可能性が高いとして漏洩のおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も