Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利根川ダム統合管理事務所、メール誤配信により64件のアドレスを流出

利根川ダム統合管理事務所は、6月23日にメールマガジンを送信する際、誤って登録者のうち64名のメールアドレスが閲覧できる状態で配信したと発表した。

同事務所によれば、メールマガジン「利根川の流れ」第46号を送信の際、ほかの宛先が記載されない「BCC(ブラインドカーボンコピー)」で送信しなかったため、登録者のうち64名のメールアドレスが互いに閲覧できる状態のまま送られてしまったという。また、メールアドレス以外では8件の個人名、および3件の法人名が記載されていた。

同事務所では、誤配信の判明後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送信するとともに、誤配信メールの削除を依頼した。また、再発防止に徹底して取り組むとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市