Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利根川ダム統合管理事務所、メール誤配信により64件のアドレスを流出

利根川ダム統合管理事務所は、6月23日にメールマガジンを送信する際、誤って登録者のうち64名のメールアドレスが閲覧できる状態で配信したと発表した。

同事務所によれば、メールマガジン「利根川の流れ」第46号を送信の際、ほかの宛先が記載されない「BCC(ブラインドカーボンコピー)」で送信しなかったため、登録者のうち64名のメールアドレスが互いに閲覧できる状態のまま送られてしまったという。また、メールアドレス以外では8件の個人名、および3件の法人名が記載されていた。

同事務所では、誤配信の判明後、ただちに誤配信先全員に謝罪のメールを送信するとともに、誤配信メールの削除を依頼した。また、再発防止に徹底して取り組むとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増