Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、プリンタの使用履歴を監視して文書の漏洩を抑止するシステムを発売

キヤノンは、事務機の使用履歴を監視、追跡して、不正コピーなど紙文書による情報漏洩を抑止する情報管理システム「キヤノン imageWARE Job Archive System Version 1」を、2005年8月22日より発売する。

同製品は、不正コピーや不正ファクスなど、紙文書を媒体とした情報漏洩の抑止を実現する情報システム。レーザープリンタの使用履歴や、原稿のイメージデータおよびテキストデータを一括してサーバに保存するため、入出力した紙情報の内容と履歴を管理できる。また、使用履歴のデータを定期的に監視する機能も備えている。

万一紙情報が漏洩してしまった場合には、検索機能によりサーバ内の使用履歴データから漏洩経路を割り出すことができるため、迅速な事後処理が可能。価格は、最小構成時のシステム価格で1008万円。

また、関連商品として、プリント出力の履歴保存および追跡機能に特化した情報管理システム「キヤノン Report Chaser」を同日に発売する。価格は、1000ユーザーのシステム価格で1785万円となっている。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず