Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡大する米カード情報漏洩事件

米国で発生したクレジットカード情報の漏洩情報だが、信販系カード会社以外にも影響が広がっている。

ビューカードを発行しているJR東日本では、提携VISAカードが838名、提携マスターカードにおいては36名のカード情報が漏洩したおそれがあったという。VISAカードにおいては不正使用が18件、約362万円の被害が発生した可能性があるという。

びわこ銀行は、同行関連会社であるびわ銀カードが発行するクレジットカード会員の情報の一部が、米国のクレジットカード決済処理会社から流出した可能性があると発表した。

同行によれば、提携VISAカードが17名、提携マスターカードが1名に影響があるという。該当する会員に対してすでに個別連絡を行い、事実関係を報告したという。現時点で不正使用による被害は確認されていない。

いずれも、不正使用を監視しており、被害が発生した場合でも会員に負担は発生しないとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社