Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拡大する米カード情報漏洩事件

米国で発生したクレジットカード情報の漏洩情報だが、信販系カード会社以外にも影響が広がっている。

ビューカードを発行しているJR東日本では、提携VISAカードが838名、提携マスターカードにおいては36名のカード情報が漏洩したおそれがあったという。VISAカードにおいては不正使用が18件、約362万円の被害が発生した可能性があるという。

びわこ銀行は、同行関連会社であるびわ銀カードが発行するクレジットカード会員の情報の一部が、米国のクレジットカード決済処理会社から流出した可能性があると発表した。

同行によれば、提携VISAカードが17名、提携マスターカードが1名に影響があるという。該当する会員に対してすでに個別連絡を行い、事実関係を報告したという。現時点で不正使用による被害は確認されていない。

いずれも、不正使用を監視しており、被害が発生した場合でも会員に負担は発生しないとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正