Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティベンダーが集結! 国内最大級EXPOが開催

第2回情報セキュリティEXPOが開催される。同イベントは、情報セキュリティベンダーが集う国内最大級のイベントで、昨年よりスタート。今回は前回を大幅に上回る210社が参加予定だ。

同イベントは、データストレージEXPOやデータウェアハウス&CRM EXPOなど、関連エキスポが併催されるため、注目度も高く、EXPOに合わせて新製品発表などを予定している企業も多数ある。

フィッシング対策や漏洩対策製品が目白押し

今回注目したいのは、情報漏洩防止ソリューションだ。4月にスタートした個人情報保護法以降も、情報漏洩事件は後を絶たない。個人情報だけでなく、機密情報が流出し、企業へのダメージなども発生することから、企業にとっては頭の痛い問題だ。

今回のイベントでは、暗号化はもちろん、メディアへのプロテクト、アクセス監視システム、それらを組み合わせた総合的製品など、さまざまな漏洩防止ソリューションが一同に集まる。また、不正アクセスによる被害がここ最近目立っているが、スパイウェア対策やフィッシング詐欺、ウェブ改ざんを防止するシステムなども出展される予定だ。

生体認証や電子文書法のソリューション

手軽さが注目されるバイオメトリクス。昨年度の同イベントでも、指紋認証などが注目されたが、今回は、指紋や静脈、虹彩、複数認証など、製品数、バリエーションともに充実。また、電子文書の管理保存などに役立つツールも多い。

チケットは事前に入手

本イベントでは、事前に無料招待券を申し込むことが可能だ。ホームページより気軽に申し込むことができるので、今すぐ申し込んでおきたい。

イベント詳細

名称:第2回情報セキュリティEXPO
主催:リードエグジビションジャパン
会期:6月29日?7月1日
会場:東京ビッグサイト
詳細:http://www.i-security.jp/

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応