Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

与野郵便局、顧客情報106件が記載されたリストを紛失

日本郵政公社関東支社は、6月24日にさいたま市の与野郵便局保険課の職員が、営業活動中に簡易保険の顧客情報106件が記載された訪問先予定リストなどを紛失したと発表した。

同支社によれば、紛失したのは簡易保険の契約者106名の氏名、住所、証書記号番号、満期日、保険料などが記載された訪問先予定リストと、営業先の氏名、住所、面談結果、販売実績などが記載された日別営業リポート。同局では紛失届を提出するとともに、現在も捜索を続けている。

被害に遭った顧客に対しては、確認が取れ次第、同局が個別に謝罪するという。また同支社では、再発防止に向け、今後各郵便局に対して、顧客情報の保護管理を徹底するよう指導するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも