Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イニシア、PCの稼動状況を監視して不正利用を抑止するソフトを発売

イニシアは、パソコンの稼動状況を監視してログを記録、保存することにより、不正利用の抑止を図るソフト「Golden Eye5.0」を、2005年7月8日より発売する。

同製品は、パソコン本体における利用アプリケーションを始め、ウェブサイトへのアクセス、キーボードストローク、ファイルおよびフォルダ操作といった稼動状況を監視し、ログを記録、保存するソフト。監督者が操作の実態を監視、把握することにより、不正利用の抑止効果が期待できる。

キーワード機能を使用することにより、任意の単語が入力された時点でソフトが起動し、監視を開始する。これにより、効率よく履歴を保存することができる。また、企業だけではなく一般家庭での利用も想定されているため、操作が簡単になっているという。価格は、パッケージ版が9240円。ダウンロード版が7140円となっている。

(Security NEXT - 2005/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市