Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、ウイルス感染により原発の機密情報を流出

三菱電機は、子会社の三菱電機プラントエンジニアリングの技術者が所有するパソコンがウイルスに感染し、同パソコンに保存されていた発電所の点検報告書などの機密情報が、Winnyネットワーク上に流出していた事実が、6月22日に判明したと発表した。

同社によれば、流出したのは同社が受託していた原子力発電所、火力発電所および水力発電所の電機設備保守に関する点検報告書などの機密情報で、データ容量は約44Mバイトだったという。流出の時期は、2005年3月以降とみられている。

同社では、社内および関係会社における企業機密情報の管理状況について総点検を実施するとともに、機密情報の社外持ち出しについての手続きを厳格化し、グループを挙げて再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2005/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
委託先従業員が個人情報含む書類を盗難で紛失 - 北海道電力
中国電力、原子力情報含むデータが従業員自宅からネット流出
敦賀原発の原子力関連情報含む業務資料を紛失 - 日本原電
原発の工事用図面含むUSBメモリを紛失 - 日立プラントテクノロジー
原因は自動バックアップソフト - 日本原電の情報流出
福島第一原発のデータを保存したUSBメモリが所在わからず - 機微情報は含まれず
火力発電所の画像や関連資料がファイル共有ソフトでネット流出 - IHI
ファイル共有ソフトで原発情報がネット流出 - 日本原電
東芝の原発情報入りHDD盗難、機微情報含まず - 個人情報2000件が被害