Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティレベルに対応するアクセス監視システム - インサイトテクノロジー

インサイトテクノロジーは、情報のセキュリティレベルに応じたアクセス監査を実現する情報漏洩監視システムの新バージョン「PISO 2.1」を発売した。

同製品は、情報のセキュリティレベルに応じて、Oracle Databaseに対するアクセスを記録、監視する情報漏洩監視システム。「オブジェクト・セキュリティレベル」という概念を採用し、機密情報を格納したOracleオブジェクトに対して5段階のセキュリティレベルを設定し、アクセスを監査する。

クレジットカード番号や銀行口座番号といった機密性の高い情報を、他の情報と区別してアクセスを監査する。また、アクセスログを検索、調査する機能が強化され、セキュリティレベルの角度から、機密情報別およびデータにアクセスしたユーザー別に、アクセスログを絞り込むことが可能になった。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を