Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミサワホーム東海、34件分の顧客情報を盗難により流出

ミサワホーム東海は、6月15日に三重県内営業事務所において不法侵入事件が発生し、34名分の顧客情報が含まれたファイルおよびパソコンが盗まれたと発表した。

同社によれば、盗難に遭った業務用ノートパソコン2台には10名分の、ファイルには24名分の顧客情報が記録されており、氏名、住所、建築地、請負金額、勤務先などの個人情報が含まれていた。

ただちに付近を捜索したが発見できず、盗難届を提出。その後ファイルは回収されたという。同社ではすでに被害に遭った顧客に対して事実説明を行い、謝罪している。

同社によれば、事件の発生した事務所では、パスワード化や暗号化といった、個人情報保護のルールが遵守されていなかったという。今後は個人情報の取り扱いルールを徹底するとともに、パソコンの保管場所および保管方法など、盗難対策を実施して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも