Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミサワホーム東海、34件分の顧客情報を盗難により流出

ミサワホーム東海は、6月15日に三重県内営業事務所において不法侵入事件が発生し、34名分の顧客情報が含まれたファイルおよびパソコンが盗まれたと発表した。

同社によれば、盗難に遭った業務用ノートパソコン2台には10名分の、ファイルには24名分の顧客情報が記録されており、氏名、住所、建築地、請負金額、勤務先などの個人情報が含まれていた。

ただちに付近を捜索したが発見できず、盗難届を提出。その後ファイルは回収されたという。同社ではすでに被害に遭った顧客に対して事実説明を行い、謝罪している。

同社によれば、事件の発生した事務所では、パスワード化や暗号化といった、個人情報保護のルールが遵守されていなかったという。今後は個人情報の取り扱いルールを徹底するとともに、パソコンの保管場所および保管方法など、盗難対策を実施して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も