Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、未知のサイトもブロックするフィルタリングソフトを発売

デジタルアーツは、未知のサイトに対しても効果を発揮する新技術を搭載した、フィルタリングソフト2種を発売する。一般家庭向け「i-フィルター 4」は2005年7月22日より、企業、官公庁および教育機関向け「i-FILTER Ver.6」は2005年7月14日より発売。

同ソフトは、これまでフィルタリングのデータベースでカバーしきれなかった、未知のウェブページに対しても効果を発揮する新技術「ZBRAIN」を搭載したフィルタリングソフト。一般家庭向けの「i-フィルター 4」は、アダルトサイト、出会い系サイト、残虐なサイトや自殺誘発サイトなど、子供たちに見せたくないサイト閲覧を遮断する。価格は6090円。

企業、官公庁、教育機関向けの「i-FILTER Ver.6」は、複数の端末を同時に管理する環境で、サーバにインストールするタイプの製品。ブラウザ経由のほぼ全ての通信内容に対して、フィルターをかけることが可能となった。価格はライセンスに応じて異なるが、参考価格で100ライセンス当たり66万1500円。

(Security NEXT - 2005/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出