Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、未知のサイトもブロックするフィルタリングソフトを発売

デジタルアーツは、未知のサイトに対しても効果を発揮する新技術を搭載した、フィルタリングソフト2種を発売する。一般家庭向け「i-フィルター 4」は2005年7月22日より、企業、官公庁および教育機関向け「i-FILTER Ver.6」は2005年7月14日より発売。

同ソフトは、これまでフィルタリングのデータベースでカバーしきれなかった、未知のウェブページに対しても効果を発揮する新技術「ZBRAIN」を搭載したフィルタリングソフト。一般家庭向けの「i-フィルター 4」は、アダルトサイト、出会い系サイト、残虐なサイトや自殺誘発サイトなど、子供たちに見せたくないサイト閲覧を遮断する。価格は6090円。

企業、官公庁、教育機関向けの「i-FILTER Ver.6」は、複数の端末を同時に管理する環境で、サーバにインストールするタイプの製品。ブラウザ経由のほぼ全ての通信内容に対して、フィルターをかけることが可能となった。価格はライセンスに応じて異なるが、参考価格で100ライセンス当たり66万1500円。

(Security NEXT - 2005/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降