Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、顧客情報約1万3000件が保存されたPCが盗難に

NTTコミュニケーションズは、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」を契約している顧客約1万3000名分の個人情報が保存されたノートパソコンが、盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、6月9日早朝に本社ビル内の座席キャビネットに収納していたパソコンの紛失が判明した。ただちに社内調査を実施したが発見できなかったため、盗難と判断し、6月13日に盗難届を提出した。

被害に遭ったパソコンには、マンション向けブロードバンド回線サービス「IPコネクトアクセス」に、2005年2月から5月の間に申し込んだ顧客の氏名、マンション名、電話番号などを含む個人情報約1万3000件分が保存されていた。

同パソコンには、ICカードによる認証とファイルの暗号化によるセキュリティ対策が施されていたとしている。また、社内に入るにはICカードが必要だという。

同社では再発防止に向け、ノートパソコンの確実な施錠保管など、これまでのセキュリティ対策をさらに徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース