Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

So-netの申込者データが流出 - マスコミに持ち込まれ発覚

ソニーコミュニケーションネットワークは、「So-net ADSLコース」の申込者データの一部が流出したと発表した。

2003年1月と同年12月の一部申込者データ364件が外部に流出したもの。データが一部マスコミへ送付されたのを受け、同社顧客データと照合したところ判明したという。

同社の説明によれば、流出データは、データベースからの流出ではなく、回線開通上の不備を通知する必要のあった申込者のリストだという。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、ユーザーID、生年月日、性別など個人情報が含まれていた。一部では内部犯行による流出の可能性もあると報道されている。

同社では、情報流出が確認された顧客に対しては、直接連絡し、謝罪する。また、専用電話を設置し、対応を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも