Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BML、血液や尿といった臨床用検査材料を紛失

ビー・エム・エルは、車上荒らしに遭い、血液や尿など臨床用検査材料を紛失したと発表した。

同社によれば、検体集材業務を子会社である協同医学研究所に業務委託しており、同社が6月7日に北九州市内で業務中に車上荒らしに遭い、バッグなど盗まれたという。

同社社員がコンビニエンスストアを利用する際、施錠した上で駐車していたところ、助手席の鍵が破壊され、集配バッグやファイルケースが盗難被害にあった。

集配バッグにはビー・エム・エルと協同医学研究所の取引先医療機関の血液や尿など臨床検査材料8施設43名分のほか、検体検査結果フロッピーディスク2枚、検査依頼書などが入っていた。検査材料には医療機関名、患者名記載のラベル貼付されていたという。

同社では、警察へ被害届を提出した。また、指導の再徹底や社員教育の取り組み強化、定期的な監査実施、車輛用盗難防止装置の設置または盗難防止装置付車輛を採用するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も