Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BML、血液や尿といった臨床用検査材料を紛失

ビー・エム・エルは、車上荒らしに遭い、血液や尿など臨床用検査材料を紛失したと発表した。

同社によれば、検体集材業務を子会社である協同医学研究所に業務委託しており、同社が6月7日に北九州市内で業務中に車上荒らしに遭い、バッグなど盗まれたという。

同社社員がコンビニエンスストアを利用する際、施錠した上で駐車していたところ、助手席の鍵が破壊され、集配バッグやファイルケースが盗難被害にあった。

集配バッグにはビー・エム・エルと協同医学研究所の取引先医療機関の血液や尿など臨床検査材料8施設43名分のほか、検体検査結果フロッピーディスク2枚、検査依頼書などが入っていた。検査材料には医療機関名、患者名記載のラベル貼付されていたという。

同社では、警察へ被害届を提出した。また、指導の再徹底や社員教育の取り組み強化、定期的な監査実施、車輛用盗難防止装置の設置または盗難防止装置付車輛を採用するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性