Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BML、血液や尿といった臨床用検査材料を紛失

ビー・エム・エルは、車上荒らしに遭い、血液や尿など臨床用検査材料を紛失したと発表した。

同社によれば、検体集材業務を子会社である協同医学研究所に業務委託しており、同社が6月7日に北九州市内で業務中に車上荒らしに遭い、バッグなど盗まれたという。

同社社員がコンビニエンスストアを利用する際、施錠した上で駐車していたところ、助手席の鍵が破壊され、集配バッグやファイルケースが盗難被害にあった。

集配バッグにはビー・エム・エルと協同医学研究所の取引先医療機関の血液や尿など臨床検査材料8施設43名分のほか、検体検査結果フロッピーディスク2枚、検査依頼書などが入っていた。検査材料には医療機関名、患者名記載のラベル貼付されていたという。

同社では、警察へ被害届を提出した。また、指導の再徹底や社員教育の取り組み強化、定期的な監査実施、車輛用盗難防止装置の設置または盗難防止装置付車輛を採用するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE