Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サン、企業内システムの安定運用を実現する新サービス

サン・マイクロシステムズは、IT基盤のリスクを数値化して明確な目標を設定し、企業のシステム環境における高い稼働率や安定した運用を実現する予防型サービスプログラム「Sun Preventive Services」の提供を開始した。

同サービスは、システムダウンや性能低下など、システム環境上のリスクを事前に予測する予防的サポートと、システム保守に重点を置く従来型の補完的サポートを組み合わせた総合サービス。これにより、万が一の障害発生時にも、速やかに復旧措置を行うことができる。

独自のパフォーマンス測定基準値を活用して、システムの運用状態の評価、監視、検証を行うことにより、数値化された明確な目標の設定と継続的な確認が可能となる。そのため、システムの連続運用性を高めることができる。価格は、100種類以上あるコンテンツからユーザー単位で適切なものを組み合わせて提供されるため、個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2005/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT