Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、新しい手法で感染を広げるMytobワームの亜種に警告

ソフォスは、Mytobワームの新亜種が引き続き発生しており、従来とは異なった方法で感染するものも現れているとして、注意を喚起している。

同社によれば、同ワームのほとんどは、メールに添付されたファイルを開くことにより感染するが、最新の亜種には、ワームのコピーをダウンロードさせる悪質なウェブサイトに誘導するなど、フィッシング詐欺で使用される手法で感染させようとするものもあるという。

受信者のIT部門やISPなどを送信元とする正規のメールを装い、ユーザーのメールアカウントにセキュリティ上の問題があるとして、記載されたリンクをクリックしてアカウントを確認するよう促す。メッセージには受信者のドメイン名とメールアドレスが記載され、正当なものであるように見せかける場合もあるという。

同社では、同ワームの亜種は今後も発生し続け、感染も広がると考えられるとして、ウイルス対策ソフトで保護するとともに、不審なメールの添付ファイルやリンクなどには十分注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず