Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、DoS攻撃対策機器の運用管理サービスを提供

ラックは、企業ネットワークへの過剰トラフィックによるDoS攻撃や、ワームの緩和と防止に効果的なMitigation装置の運用管理サービス「Mitigation24+」の提供を、2005年8月1日より開始する。

同サービスは、DoS攻撃対策などに効果的なMitigation製品の運用管理を行う、セキュリティアウトソーシングサービス。同社が運営する情報セキュリティオペレーションセンターが、ユーザー環境に設置された機器を、24時間365日体制で遠隔運用する。

また、ハードウェア障害発生時には切り分けを実行し、ユーザーに代わって機器交換依頼を行うほか、収集したログをもとにセキュリティイベントの集計をまとめたサマリーレポートを、月に1度作成する。なお、対象機器はトップレイヤーネットワークスの「Attack Mitigator IPS 5500」と、ラドウェアの「DefensePro」の2製品となっている。

(Security NEXT - 2005/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性