Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メンバーズ、現状調査型のサイトセキュリティ評価サービスを提供

メンバーズは、ウェブサイトの現状調査を実施したうえで、改善すべきポイントや対応策などを提案する「WEBセキュリティアセスメントサービス」の提供を開始した。

同サービスは、ウェブサイトのセキュリティという観点から現状調査を実施し、課題や改善すべきポイントを把握して適切な改善策を提案するもの。ジェイエムシーの支援により、サイトにおけるセキュリティに加え、個人情報保護法などに基づくコンプライアンスについても提案する。

サイト上のセキュリティおよびコンプライアンスと、抽出された問題点を照らし合わせ、どのような対策をとるべきかをユーザーとのヒアリングも交えながら分析、レポートする。標準価格は150万円からとなっているが、規模および作業項目の追加により変動する。

(Security NEXT - 2005/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催