Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECソフト、虹彩認証機能を追加した入退室管理システムを発売

NECソフトは、従来の指紋認証機能、および顔認証機能に虹彩認証機能を追加した複合認証入退室管理システム「BiodePass」最新版を発売した。

同製品は、指紋、顔、虹彩といった複数の生体認証を活用した入退室管理システム。サーバルームやオペレーションルーム、コールセンターなど、個人情報を多く扱うエリアにおける、厳密な入退室管理を実現する。

最新版では、基本機能の指紋認証や顔認証にくわえ、虹彩認証を選ぶことができる。セキュリティレベルに合わせて、最大2つの方式を自由に組み合わた複合利用が可能。またオプション機能として、「高機能カメラ監視システム」との連携が可能となった。価格は、ハードウェア込みで1セット315万円から。

(Security NEXT - 2005/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も