Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩の被害総額は4666億、被害者数は15.6倍 - JNSAレポート

日本ネットワークセキュリティ協会のセキュリティ被害調査ワーキンググループは、2004年度の個人情報漏洩事件に関する調査報告をまとめ、公表した。

同調査は、2002年度より開始され、今回で3回目。2004年1月1日から2004年12月31日までに新聞やネットニュースで報道された個人情報漏洩事件の情報を整理ししたもので、業種、被害規模、原因、経路、事後対策を集計した。

同レポートによれば、事故件数は366件で、前年度の57件で6.4倍を記録。また被害者数は1043万5061人で、前年の155万4592人と15.6倍になり、いずれも大きく上回った。1件あたりの被害者数は3万1057人とほぼ横ばいだったが、件数が増えたため、同協会の独自の算定式により想定した損害賠償額は前回の280億6936万円から4666億9250万円へ跳ね上がっている。

漏洩の原因で最も多かったものは、盗難で35%。紛失や置き忘れが21%、誤操作11%と続いた。管理ミス(10%)や内部犯行(10%)も大きな割合を示している。

また、紙媒体経由の漏洩が46%と半分以上を占め、PC本体が20%、記録媒体が9%だった。ウェブ経由やメール経由についてはいずれも7%程だった。

(Security NEXT - 2005/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起