Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、5月のトップ10ウイルスを発表 - 「Sober-N」が爆発的拡散

ソフォスは、2005年5月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、あらたに出現した「Sober-N」が報告数の43.8%を占め、ここ5カ月間連続で1位だった「Zafi-D」を上回った。同ウイルスは、ドイツワールドカップのチケットが当選したなどと称して添付ファイルを開かせようとするもので、英語とドイツ語で配布されている。

また、6位にランクインした「Mytob-AZ」は、感染者のコンピュータへの外部からのアクセスを可能にするメールワームで、今後ビジネスに深刻なダメージを与える可能性が懸念されるという。

同社では、5月に1515件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、5月に使用されたメールのうち2.62%がウイルスメールで、これは先月から若干増えているという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Sober-N
W32/Zafi-D
W32/Netsky-P
W32/Netsky-D
W32/Zafi-B
W32/Mytob-AZ
W32/Mytob-Z
W32/Netsky-Z
W32/Mytob-E
W32/Netsky-N

(Security NEXT - 2005/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応