Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、VPNや不正PCのアクセス制限を実現する「検疫ソリューション」

NTT東日本は、業務用パソコンのセキュリティを確保する新サービス「検疫ソリューション」を6月6日より提供開始する。

同サービスは、クライアントPCのセキュリティ状態や利用者権限に応じて端末ごとに柔軟なアクセス制御設定が可能。また、設定の変更はハードウェア認証されたクライアントPCのみ行える。

さらに同社が開発したVPNやパーソナルファイアウォールを活用し、通信ネットワークから不正なクライアントPCを排除できる。既存の通信ネットワークに大きな変更は不要。さらにLAN環境やリモートアクセス環境などあらゆるシーンで導入できる。

(Security NEXT - 2005/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正