Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

苦情は宝の山? 「苦情・クレーム博覧会」がリニューアル

福井商工会議所は、「苦情・クレーム博覧会2005」の公開を開始した。

同博覧会では、全国から苦情を応募し、インターネット上で公開するサービス。閲覧料は1050円で、そのうち500円分をビジネスの参考になった苦情に対して投票できる。投票された票数に応じて苦情応募者に還元される仕組み。

また、同サービスに寄せられた苦情をヒントに開発された製品や既存の苦情を解決できる製品などを紹介する「苦情・クレーム『解決』博覧会」を募集する。出品製品やサービスは、審査後、ホームページ上で公開される。また、10月に開催予定の「北陸技術交流テクノフェア2005」にて実際に展示する。

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性