Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、企業内PCのセキュリティ状況を確認できる新サービス

NTTコミュニケーションズは、企業内PCのセキュリティ状況をレポートとして提供するASPサービス「PCパトロール」の提供を開始する。月額利用料は、PC1台につき525円。

企業LAN内の各PCから利用ソフトウェアやセキュリティパッチ適用状況などを日次で情報収集するサービス。専用コンソールから各PCの状態を把握でき、不正ソフトや各PCにインストールされているソフトウェアの検索や一覧を表示できる。

同社では、手はじめにOCNサービス利用者1向けに「OCN PCパトロール」を提供する。6月6日より申し込みの受け付けを開始する予定。またサービス利用者に対して「ウイルスバスター月額版」を低価格で提供する。

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性