Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、企業向けスパイウェア対策ソリューションを発表

シマンテックは、「Symantec Client Security 3.0」と「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.0」を7月8日より発売すると発表した。

Symantec Client Security 3.0 は、リモートユーザーやネットワーク接続クライアントのスパイウェアなどを検知し、駆除するソフトウェア。集中管理機能に対応している。

一方、「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.0」は、エンタープライズ向けウイルス対策ソリューションで、スパイウェアのほか、ウイルス、ワームに対して自動的に防御し、対応する。既存の管理インフラの一部として利用できる。

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も