Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、企業向けスパイウェア対策ソリューションを発表

シマンテックは、「Symantec Client Security 3.0」と「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.0」を7月8日より発売すると発表した。

Symantec Client Security 3.0 は、リモートユーザーやネットワーク接続クライアントのスパイウェアなどを検知し、駆除するソフトウェア。集中管理機能に対応している。

一方、「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.0」は、エンタープライズ向けウイルス対策ソリューションで、スパイウェアのほか、ウイルス、ワームに対して自動的に防御し、対応する。既存の管理インフラの一部として利用できる。

(Security NEXT - 2005/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀