Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、オークションサイトでの商標権侵害対策を強化 - ガイドラインを策定

総務省は、オークションサイトにおいて商標権を侵害している出品物をサイトから円滑に削除するため、具体的な手続を定めた「プロバイダ責任制限法商標権関係ガイドライン」を策定すると発表した。

同省では、昨年5月に決定された政府の「知的財産推進計画2004」を踏まえて、インターネットオークションサイトにおいて権利を侵害している出品物を、サイトから円滑に削除する方策について、関係者と協議を重ねてきた。

同ガイドラインは、商標権者がオークションにおいて権利侵害の出品物を発見した場合、その削除を申し出る際の手続について定めている。また、削除の申し出を受けたオークション事業者の確認事項などについても定めている。

なお、6月27日まで同ガイドライン案への意見募集を実施している。寄せられた意見を参考にして、同ガイドラインを策定し、公表するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず