Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸善、メルマガ購読者にウイルスメールを大量転送

丸善は、5月18日に同社メールマガジン登録者に対してウイルスメールを送付する事故が発生したと発表した。

今回の事件は、メールマガジンの登録者は1万6233人に対してウイルスメールを転送してしまったもの。今回転送されたウイルスは「NETSKY」の亜種などで、その対処法をサイトに掲載している。

同社によれば、メールマガジン購読者への送受信は、通常制限されており、メールマガジン発行時のみ使用できる形で運用していたが、操作ミスにより5月18日23時から19日9時までの間、送受信可能な状態だったという。

さらに、同事故を指摘するメールが購読者に送付されるトラブルが発生。5月20日時点で16名のメールが、メーリングリストに登録されているほかの購読者に転送された。この16名以外のアドレスが流出したという事実はないとしている。

さらに同社では、問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向けたメール配信法の見直しを早急に行うとしている。

(Security NEXT - 2005/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市