Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸善、メルマガ購読者にウイルスメールを大量転送

丸善は、5月18日に同社メールマガジン登録者に対してウイルスメールを送付する事故が発生したと発表した。

今回の事件は、メールマガジンの登録者は1万6233人に対してウイルスメールを転送してしまったもの。今回転送されたウイルスは「NETSKY」の亜種などで、その対処法をサイトに掲載している。

同社によれば、メールマガジン購読者への送受信は、通常制限されており、メールマガジン発行時のみ使用できる形で運用していたが、操作ミスにより5月18日23時から19日9時までの間、送受信可能な状態だったという。

さらに、同事故を指摘するメールが購読者に送付されるトラブルが発生。5月20日時点で16名のメールが、メーリングリストに登録されているほかの購読者に転送された。この16名以外のアドレスが流出したという事実はないとしている。

さらに同社では、問い合わせ窓口を設置して対応するとともに、再発防止に向けたメール配信法の見直しを早急に行うとしている。

(Security NEXT - 2005/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で