Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山陰合同銀行、42件の顧客情報が記載された内部書類を流出

山陰合同銀行は、安来支店において、42名分の顧客情報が記載された内部書類を誤って郵送物に混入し、外部へ流出させたと発表した。

同行によれば、2005年5月12日、取引先より、2003年10月31日に送られてきた書類の中に、同行の内部書類が混入していたという連絡があった。その後調査を行ったところ、個人の顧客42名分の氏名、住所、電話番号、融資取引の有無などが記載された内部資料の流出が判明した。同資料は、すでに回収済みだという。

原因は、当時の担当者が別の書類を郵送する際、誤って同資料を封筒に混入させたためだとしている。同行では、流出の対象となった顧客に対し、連絡先不明の2名を除く40名に謝罪したという。また再発防止に向けて、郵送物の明細を記入する送付票を制定するなど、情報管理の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止