Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

山陰合同銀行、42件の顧客情報が記載された内部書類を流出

山陰合同銀行は、安来支店において、42名分の顧客情報が記載された内部書類を誤って郵送物に混入し、外部へ流出させたと発表した。

同行によれば、2005年5月12日、取引先より、2003年10月31日に送られてきた書類の中に、同行の内部書類が混入していたという連絡があった。その後調査を行ったところ、個人の顧客42名分の氏名、住所、電話番号、融資取引の有無などが記載された内部資料の流出が判明した。同資料は、すでに回収済みだという。

原因は、当時の担当者が別の書類を郵送する際、誤って同資料を封筒に混入させたためだとしている。同行では、流出の対象となった顧客に対し、連絡先不明の2名を除く40名に謝罪したという。また再発防止に向けて、郵送物の明細を記入する送付票を制定するなど、情報管理の徹底に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応