Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本の違法コピー損害額は世界ワースト6位 - BSA調査

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、2004年度におけるコンピュータソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第2回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。

同発表によれば、日本における2004年の違法コピー率は、前年比1ポイント減の28%と世界で8番目に低いものとなった。しかし損害額は約1900億円と前年を上回り、世界ワースト6位という結果になった。また、全世界の違法コピー率は前年比1ポイント減の35%、同損害額は約3兆5000億円だった。

今回の結果を受け、BSA日本共同事務局では、コンピュータ・ソフトウェア著作権協会と共同で実施している「ソフトウェアライセンス再点検全国キャンペーン」の結果を見極めながら、さらなるソフトウェアの著作権保護の促進を展開するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市