Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カカクコム、不正アクセスによりサイトを一時閉鎖 - メールアドレスの流出も

カカクコムは、5月11日、同社が運営するサイトが不正アクセスを受け、メールアドレスが閲覧されたと発表した。14日よりセキュリティ対策を施すためサイトを一時閉鎖している。

同社によれば、何者かが不正アクセスによりプログラムを改ざんし、同サイトを閲覧したユーザーに無差別にウイルスソフトを送りつけたという。判明しているウィルスは「trojandownloader.small.AAO」および「PSW.Delf.FZ」の2種類で、アンチウイルスソフト「NOD32」にて対処できる。その他ウイルスベンダー各社にも対応を確認中だという。

また今回の不正アクセスにより、同社が保有するメールアドレスが閲覧された形跡が見つかった。詳細は調査中だとしながらも、アドレス以外の個人情報が閲覧された形跡はないとしている。同社では、事件発覚後ただちにセキュリティ委員会を設置し、各種専門家の協力を得て、原因究明と再発防止に向けて調査を実施しており、復旧時期は1週間後の予定だとしている。

(Security NEXT - 2005/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず