Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵政公社、個人情報377件が保存された顧客のフロッピーを紛失

日本郵政公社は、東京都内にて職員が営業中に顧客情報を記録したフロッピーディスクを盗まれたと発表した。

豊島郵便局貯金課の外務職員が、顧客より自動引き落としのためのデータなどが記録されたフロッピーディスクを顧客事業所より受託したが、バイク後部の荷箱に入れていたものを車上荒らしに遭い、フロッピーを紛失。訪問先近くの方から連絡があり、確認したところフロッピーディスクの収納袋が刃物で引き裂かれた状態で発見されたという。

今回紛失したフロッピーには、自動払い込み引き落としデータが記録されており、口座番号の一部、氏名、引落し額など、377件の個人情報が保存されていたという。同社では、判明後、同事業者へ事情を説明し、謝罪したという。また、フロッピー内に個人情報が保存されていた顧客に対して、個別に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消