Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICOSを騙ったフィッシングメールに注意

日本信販は、同社を騙ってセキュリティ確認のためと称し、顧客情報を不正に詐取しようとするフィッシングメールが流通しているとして、注意を促している。

同社によれば、不特定多数の顧客宛てに、セキュリティ確認のためと称して本人確認を促す電子メールが配信されているという。メールに記載されているURLにアクセスさせ、カード番号や暗証番号などの重要情報を入力させて不正に取得しようとする。

同社では、メールでこのような連絡をすることはないとして、安易に重要情報を入力しないよう求めている。また、ホームページで暗証番号、パスワードなど重要情報の入力を受付ける場合には、SSLによる暗号化通信を行っているとして、入力前にサーバ証明書を確認するよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送