Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムメールで集客し海賊版ソフトを販売 - 無職男性らを逮捕

大阪府警と福井県警は、「そふとはうす」の名称で大量のスパムメールを送り、パソコン用ビジネスソフトの海賊版を販売していた大阪市の無職男性ら2人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性らは、ソフト総合商社「そふとはうす」を名乗ったスパムメールを送って客を募集し、東京都内の会社員ほか5人に、ビジネスソフトの海賊版を通信販売した。同協会に寄せられた「そふとはうす」名のスパムメールに関する情報は、2003年1月から2004年11月までに延べ約6000件に達しているという。

これらの情報によると、ビジネスソフト数十タイトルと、市販の1割から2割程度の価格が記されたHTML形式またはテキスト形式のメールが、偽装アドレスから送信されていたという。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市