Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムメールで集客し海賊版ソフトを販売 - 無職男性らを逮捕

大阪府警と福井県警は、「そふとはうす」の名称で大量のスパムメールを送り、パソコン用ビジネスソフトの海賊版を販売していた大阪市の無職男性ら2人を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性らは、ソフト総合商社「そふとはうす」を名乗ったスパムメールを送って客を募集し、東京都内の会社員ほか5人に、ビジネスソフトの海賊版を通信販売した。同協会に寄せられた「そふとはうす」名のスパムメールに関する情報は、2003年1月から2004年11月までに延べ約6000件に達しているという。

これらの情報によると、ビジネスソフト数十タイトルと、市販の1割から2割程度の価格が記されたHTML形式またはテキスト形式のメールが、偽装アドレスから送信されていたという。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム