Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都、架空請求緊急対策の実施状況および成果を公表

東京都生活文化局は、2005年3月1日より開始した架空請求緊急対策の実施状況、および成果についてまとめ、公表した。

同発表によれば、「架空請求110番」には、3月1日の設置開始時から4月25日まで3329件の相談が寄せられ、20代、30代からの相談が約60.4%、男性からの相談が約72.7% となっている。相談内容は、依然としてアダルトサイト関連の架空請求が多いという。都では、寄せられた相談に基づき、13事業者名を公表するとともに、携帯電話3台の利用停止要請を行った。

また「架空請求メール都民通報制度」においては、同期間中4818件の通報があった。都では、同制度により通報された情報に基づき、34サイト、3事業者名を、架空請求専用ホームページ「STOP!架空請求!」において公表した。さらに預金口座51口座の凍結要請、および携帯電話5台の利用停止要請を行った。

今後の取り組みとして都では、改善されないサイトについて、国と協議の上、プロバイダーなどへ削除要請を行うとともに、架空請求に対する法規制のさらなる強化を国へ対して要請するとしている。

(Security NEXT - 2005/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応