Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、連休前のセキュリティ対策再確認を呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、システム管理者が不在になり、パソコンを自宅で使う機会が増える連休を前に、セキュリティ対策の実施状況の再確認を行うよう呼びかけている。

必要な確認事項として、使用しているOS、ブラウザなどアプリケーションのバージョンアップと修正プログラムの適用や、バックアップの実施を挙げている。特にWindowsユーザーは、IEやOutlook Expressを最新のバージョンに更新して、セキュリティホールを解消するよう求めている。

また、ウイルス対策ソフトの定義ファイルにおけるバージョンおよび更新頻度の設定や、不測の事態が発生した際の緊急連絡体制の確認、サーバにおいて不必要なサービスの停止などを呼びかけている。さらに休暇明けには、脆弱性情報やウイルス情報などを収集し、必要なパッチを適用してから業務を開始するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003