Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、みちのく銀行に行政処分の可能性 - 個人情報紛失事件で

金融庁は、みちのく銀行の個人情報紛失事件を受け、個人情報保護法に基づいて厳正な対応を行っていく方針を示した。

五味金融庁長官が25日に行われた記者会見で明らかにしたもの。同法律の施行に伴い、個人情報の漏洩、滅失、毀損などの防止に万全の対応が求められる状況になっていると述べ、大量の個人情報の紛失事故について「大変遺憾」と語った。

また、事実関係を確認した上で、個人情報保護、個人情報管理体制に問題があるとされた場合、同庁が監督上の対応を行うとしている。

また、今回漏洩事件がメディアの紛失だったことから、同庁にいて発生したフロッピー紛失事件についても触れ、同庁における再発防止の取り組みを緊張感を持って進めなければいけないということを切実に感じたと語った。

(Security NEXT - 2005/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン