Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大王製紙、個人情報保護ラベル原紙を発売

大王製紙は、個人情報保護ラベル原紙「プライバシータック」を発売した。注文ハガキや、口座振替ハガキ、クレジットカードの申し込み、アンケートハガキなど、機密性が高く、情報保護が必要とされるハガキの送付に活用できる。

同製品は、一般的に「目隠しシール」などとされるタック紙。個人情報などが印刷されたハガキへ貼り付けてからはがすと、擬似接着層からアート紙のみが剥がれ、再度貼り付けることが出来なくなるため、不正な開封が防止できる。

また、貼り付けた面に残るフィルムは、クリアな透明で光沢があり、記入された文字がはっきりと読み取ることが可能。また、貼り付けた面にはフィルムが残るため、改ざんなども行えないとしている。

(Security NEXT - 2005/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI