Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、暗号化ファイルの内容を閲覧更新できる機密情報管理システムを発売

アークンは、ファイルを暗号化したまま閲覧および更新が可能な機密情報管理システム「DataClasys III」を、2005年6月初旬より発売する。

同製品は、ファイルを極秘、社外秘、個人情報秘などの機密区分で暗号化し、管理するシステム。従来製品のように、暗号化されたファイルを復号して元の平文に戻すことなく、更新、閲覧ができる。ファイルサーバ上のファイルも同様に暗号化されたまま利用できるため、非権限者によるファイルの閲覧を防止できる。

また、暗号化、復号、閲覧、更新、完全消去の5つの利用制限を分けて設定することができ、さらに暗号化されたファイルの利用履歴がサーバに記録されるため、不正使用や乱用を抑止することができる。価格は、30ユーザーまで利用可能な最小セットで34万5000円(税別)となっている。

(Security NEXT - 2005/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社