Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、NTT西日本の顧客情報2146件を保存したPCが盗難被害に

NTTデータは、社員の自宅に空き巣が入り、NTT西日本の顧客情報2146件が保存されたノートパソコンが盗難に遭ったと発表した。

同社によれば、4月14日、社員の自宅に空き巣が入り、会社から貸与されたノートパソコンが盗難に遭った。同パソコンには、NTT西日本が扱うインターネット関連商品のデータベース整備作業に関わる顧客情報2146件が保存されており、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が含まれていた。警察に被害届を提出したが、現時点では発見されていない。

被害に遭った顧客に対しては、NTT西日本より個別に謝罪するとともに、電話での問い合わせにも応じるという。同社では、再発防止に向けて、個人情報の入ったパソコンの指定作業場所以外への持ち出し禁止や、パソコンの暗号化の再徹底など、顧客情報管理の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀