Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、預金口座不正利用の情報提供件数を公表

金融庁は、預金口座の不正利用に関する情報提供件数を公表した。

預金口座が不正利用される情報について口座が開設されている金融機関や警察当局への情報提供を実施している。

第5回目となる今回は、調査を開始した平成15年9月以降、2005年3月31日までのデータ。2005年1月1日から3月31日までに金融庁や全国の財務局等において、金融機関および警察当局へ情報提供を行った件数は1121件だった。2004年9月以降、情報提供を行った累計は8877件となっている。

金融機関では、預金口座の不正利用と思われる情報があった場合、調査を行い、本人確認の徹底や、必要に応じて預金取引停止、預金口座解約といった対応を迅速にとっていくこととしており、2005年3月31日までに、金融庁が情報提供を行ったものに対し、金融機関では4915件を利用停止、3225件を強制解約としている。

預金口座の不正利用に係る情報提供件数等(PDF)
http://www.fsa.go.jp/news/newsj/16/ginkou/f-20050422-4.pdf

金融庁
http://www.fsa.go.jp/

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず