Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、プリペイド携帯の本人確認を強化 - 未確認端末は停止に

KDDIと沖縄セルラーは、2004年8月8日以前に販売したプリペイド式携帯電話「CDMAぷりペイド専用電話」について改めて本人確認を実施すると発表した。

同社では、2004年8月9日より、プリペイド式携帯電話の販売時にシステムへ顧客情報を登録しなければ回線を開通しないよう運用方法を改定し、本人確認を強化している。 今回は、対策が行われた2004年8月8日以前の購入者について新たに確認する。

販売店などへ、運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」と利用中のプリペイド式携帯電話を持参し登録を行う必要がある。また、契約者と、利用者が異なる場合には、契約者の変更手続きが必要。

2005年12月31日までに本人確認が出来ないプリペイド式携帯電話は、順次その携帯電話回線の利用を停止する予定。

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社