Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体における個人情報保護条例の制定状況を公表

総務省は、全国の地方公共団体における2005年4月1日現在の、個人情報保護条例の制定状況、および情報セキュリティポリシーの策定状況をまとめ、公表した。

同発表によれば、市区町村では、個人情報保護条例については、2418団体中の2368団体、全体の97.9%が制定済みで、前回調査時より12.1ポイントの増加した。

しかしながら、個人情報保護法が施行された4月1日現在でも未制定の自治体が50の団体に上った。これら団体については、今年度中には制定する予定だという。情報セキュリティポリシー は、2418団体中の2236団体、全体の92.5%が策定済みで、前回調査時より9.9ポイント増加している。

47都道府県については、個人情報保護条例の制定、および情報セキュリティ対策に関する基本方針などを決めた情報セキュリティポリシーの策定は、前回1月1日の調査時同様、いずれも100%となっている。

(Security NEXT - 2005/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ