Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企画屋、メールからのウイルス感染をサーバ上で防ぐシステムを発表

企画屋は、メールサーバ上で添付アプリケーションを事前にチェックし、情報漏洩につながるプログラム実行を抑止するシステムを開発した。同機能を搭載したメールサービス「K1Mail」を、2005年5月23日より提供開始の予定。

同システムは、メールサーバ上で添付アプリケーションをチェックし、実行ファイルを一時的に隔離して悪質なプログラムの実行を回避するもの。これにより、ウイルスベンダーが対応する前の最新ウイルスやスパイウェアなどによる、個人情報などの外部漏洩を事前に防止できるという。

サーバ上で実行ファイルが隔離されたというアラートを受けたユーザーは、ウェブにログインし、ファイル内の情報、またはファイルの危険性などを確認する。そうすることで、安易なファイル開封による情報漏洩を防ぐ。

(Security NEXT - 2005/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催